728x90-min
  • スペック
  • 出力:150W
  • チャンネル:4
  • コントロール:各 CH セレクト、アンプリファー (INTERNAL / A / B)、ライン・アウト・エア・フィール  (REC / LIVE / BLEND)、キャビネット・レゾナンス (ビンテージ / モダン / ディープ)、パワー・コントロール (1W / 5W / 100W / MAX)、EFX ループ×2、マスター、グラウンド・リフト 【各チャンネル共通】 ゲイン、ボリューム 【クランチ、リード2チャンネル】 ベース、ミドル、トレブル、プレゼンス、リバーブ
  • 入出力端子:インプット、スピーカー・アウト×3、ライン・アウト×2 (標準タイプ XLR)、ヘッドフォン、MIDI イン、EFX ループ A / B、REC アウト
  • 外形寸法:幅 529mm ×奥行 302mm ×高さ 225mm
  • 重量:15kg

 

  • レビュー
エフェクターの世界では知らない人はいないと言っても過言でないブランド BOSS (ボス)。その BOSS (ボス) がギター・アンプをリリース。BOSS (ボス) WAZA AMP HEAD (技アンプ・ヘッド) は BOSS (ボス) 初のギター・アンプということだが、今までアンプを手がけていなかったことが不思議なくらいだ。この WAZA AMP HEAD (技アンプ・ヘッド) は 150W という大出力を持つアンプ・ヘッドで、完全なソリッド・ステート仕様。真空管は存在しないが、ひとまずプラグインしてクリーン・チャンネルを選択して弾いてみると JC-120 とは異なる絶妙なサチュレーション感も備えたサステインのあるサウンドが飛び出してくる。ソリッド・ステートでこの音が使えるのは頼もしい。クランチに切り替えての風合いのあるドライブ・サウンドも、どんなゲイン設定でも使える非常に馴染みやすい音。さらなるハイ・ゲインを作れるリード・チャンネルはキレのある1、重量感のある2という違ったキャラクターを使い分けられる。またトーン・カプセルを選択することによって得られる色気や深みのあるサウンドも WAZA AMP HEAD (技アンプ・ヘッド) の大きな魅力だ。

 

  • Twitter での反応