728x90-min
  • スペック
  • ボディ:アッシュ (2ピース)
  • ネック:メイプル (1ピース)
  • 指板:メイプル
  • フレット数:20フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:オリジナル JBZ-4 ×2
  • プリアンプ:バルトリーニ XTCT-MCT375
  • コントロール:フロント・ボリューム / リア・ボリューム (スタック)、マスター・トーンミッド、トレブル / ベース (スタック)、パッシブ / アクティブ切り替えスイッチ
  • ペグ:ゴトー GB-30、ヒップショット (4弦のみ)
  • ブリッジ:オリジナル BB419

 

  • レビュー
ATELIER Z (アトリエ・ズィー) の代表的仕様と言えるナチュラル仕上げのアッシュ・ボディにメイプル1ピースのネック。ATELIER Z (アトリエ・ズィー) EVO#4 もその定番の仕様となっている。シャキッとした音抜け、メリハリの効いた音色、タイトな低音感が魅力のベースに仕上がっている。EVO#4 は ATELIER Z (アトリエ・ズィー) の持ち味を生かしつつ、音色のバリエーションが増えたベースと言える。パッシブの状態では ATELIER Z (アトリエ・ズィー) らしい音抜けはそのままに、どのポジションDめおバランスの良い落ち着いた音色を得られる、バルトリーニ製 XTCT プリアンプをオンにしたアクティブ状態では、ブーストのみのトレブル / ベースで従来通りのメリハリの効いた分かりやすい効果が得られるが、ミドルを調整できることでより幅広い音作りが可能。ミドルをブーストしつつ必要に応じてトレブル / ベースをあげる音作りが本器 EVO#4 の真骨頂と言え、ATELIER Z (アトリエ・ズィー) のベストセラー機種である M#245 との違いが明確に分かる使い方だろう。幅広で低めのフレットに加えて、ATELIER Z (アトリエ・ズィー) 独自の Z チューニング・システムにより、弦高が低めでも弾きやすく、ロー D に下げても弦のテンション感が変わらない。ピックアップ・フェンスは大きさ、取り付け位置も絶妙で邪魔になら、普段ピックアップ・フェンス無しのベースを使っているベーシストでも弾きやすいだろう。

 

  • Twitter での反応