728x90-min
  • スペック
  • ボディ:アルダー
  • 指板:メイプル
  • ネック:メイプル
  • フレット数:21フレット
  • コントロール:ボリューム×2

 

  • レビュー
フェンダー創始者であるレオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立したブランド、G&L。そのG&Lから、男気あふれるベースの登場です。コントロールは2ボリュームのみという潔さで、非常にワイルドなサウンドが特徴。パンク・ロックをピック弾きでガシガシ弾きたい時に活躍してくれそうなベースです。

 

原(クロサワ楽器店販売員):こちらのご紹介しますのは G&L USA SB-2 です。ご覧の通り、プレシジョン・ベース・レイアウトのパッシブ・タイプとなります。ピックアップはマグネティック・フィールド・デザインというレオ・フェンダーが開発したものが搭載されています。このピックアップは特許を取っているので、G&L にしか搭載されていないものになります。パワフルなのにロー・ノイズ。セラミック・マグネットを使ったピックアップです。コントロールは2ボリュームのみです。

 

高橋(トミヨシミュージックスクール講師):2ボリューム…。男らしいですね。

 

原:オプションでカスタム・オーダーする時にトーンを加えたりする事も出来るんですが、このベースに関しては2ボリュームのみという仕様ならではのサウンドを感じて頂けるかと思います。本機の仕様はアルダー・ボディにメイプル・ネック、メイプル指板です。ナチュラル・カラーのベースはアッシュが多いのですが、アルダー材を使う事によって大人っぽい雰囲気が出ています。ネックは希少な柾目の材が使用されています。密度が高い材なので、サウンドの立ち上がりがタイトになるという特徴があります。

 

高橋:木目マニアの人とかもいると思うんですけど、こんなに綺麗な木目は芸術品ですね。

 

原:G&L の製品は、ある種全てカスタム・ショップのクオリティなので木材もとても良いものが使われていますね。指板のアールは12で、ミディアム・ジャンボ・フレットになっていますので、現代的なプレイも容易に出来ます。取り回しがとても良いのもこのベースの特徴です。

 

高橋:プレベ・タイプのベースって、女の子が弾き難いネックの太さだったりするんですけど、これは女の子とか、手の小さい方でも弾きやすいベースですね。

 

原:そうですね。フレットも大きいものを使っていますし、指板も平ら目で、弦高を低めにセッティングしてもビビらないので、弾きやすいと思います。

 

高橋:じゃあ、弾いてみます。

今回登場した講師の無料体験レッスンを受ける

 

続きは動画で!動画本編はこちらから↓