728x90-min

原顔写真
原(クロサワ楽器店販売員):こちら ZON (ゾン)のフラッグシップ・モデル LEGACY ELITE Ⅴ (レガシー・エリート・ファイブ)、5弦のモデルのベースです。今回 ZON を弾かれるのは初めてという事で。

 

 

 

高橋顔写真
高橋(トミヨシミュージックスクール講師):初めてです。凄い楽しみです。

 

 

 

原顔写真
ZON のベースの特徴となっているのが、コンポジットと言われる、別名でカーボン・グラファイトと呼ばれる樹脂を使ったネックおよび指板材です。性質上名前の呼び方は違ってくるんですけど、他のメーカーでしたらスタインバーガーとかモジュラスなどもカーボン・グラファイトのネックを使っていますね。ZON のベースのボディはエキゾチック・ウッドと呼ばれる希少な材が使われています。この LEGACY ELITE Ⅴ にはオリーブ・ウッドという材が使われています。非常に硬質な素材で木目も存在感がありますね。LEGACY ELITE Ⅴ の特徴としては、セットネックである事。また、ボディ裏の材はフィギュアド・マホガニーという美しい木目の材が使われています。また昔から共通している点というのがバルトリーニのカスタム・ピックアップだったりとかプリアンプを搭載しているところです。じゃあ、ちょっと音を聴かせて頂いて…

 

 

 

高橋顔写真
(試奏をして)やっぱり音質的にネック材が木のベースとはちょっと違いますね。

 

 

 

原顔写真
そうですね。どこのポジションで弾いても太いサウンド、サスティーンが得られますよね。デット・ポイントの無い完璧なサウンドというか。ただ、これが仮にボディなどもグラファイトで出来ているとなると無機質で整合性のある固まったサウンドになってしまうと思います。それはそれで魅力かもしれませんが、ZON の目指しているところは木材とグラファイトの融合したサウンドなんですね。なので、デット・ポイントの無いプレイが可能になるんですけど、弾き手の個性やタッチによってサウンドのニュアンスやレンジの出方が大きく変わってくるというところが面白いところです。ZON のもう一つの代表的モデル SONUS CUSTOM 5 と比べてみるとセットネックや大きなボディという違いがあり、重心が凄く低くてロー・ブーストしたりミッド・ブーストした時にサウンドの肉の付き方がちょっと普通じゃないというか。そういった凄く深いサウンド・レンジを持っているというのも LEGACY ELITE Ⅴ の特徴ですね。

 

 

 

高橋顔写真
そうですね。フェンダーとかの古き良きサウンドとはまた違った良さがあり、最先端を行こうとしている感じがしますね。フュージョンとか、もっとテクニカルなプレイをする人とかは、かなり好きなサウンドなんじゃないかなと。

 

 

 

原顔写真
やっぱりその手のベーシストにも好まれている楽器ですね。とはいえ日本でもサザン・オールスターズの関口和之さんだったりラルク・アン・シエルの tetsuya さんだったり、日本だと歌もの系のバンドの方も愛用されていますね。オール・グラファイトの楽器だとそうはならないと思います。そこが ZON ならではの魅力なのかなと思います。

 

 

 

高橋顔写真
色々なジャンルに対応する幅広さがありますね。じゃあスラップをしてみたいと思います。

 

 

 

原顔写真
(スラップの試奏を聴いて)凄くディープなローエンドの中にも、ガラスっぽいハイの出方が感じられますよね。グラファイト・ネックの特徴でもあります。先ほど試奏した ATELIER Z M#245ATELIER Z JS 5 などの典型的なアクティブのトーンとはまたちょっと違ったですね。これも ZON にしか得られないトーンだと思います。

 

 

 

高橋顔写真
そうですね。スラップのプル、要は弦を引っ張った時の音が特徴的で。海外のテクニカルなベーシストのスラップを聴くと、こういう音が多いですよね。僕はジャズ・ベースとかをよく使うので、こういう音が出せなくて…。「どうやったら出るのかな〜?」って悩んでいた時期があるんですけど、こういう事だったんですね笑。

 

 

 

  • 動画はこちらから