728x90-min

楽器屋さんに行くと沢山の楽譜が売っています。譜面と聞くと”読むのが大変”と思いがちですが音符が読めなくても楽器が演奏できるように書かれたTAB譜というものがあります。しかし、楽器をやっているとそのうち耳コピをしなければいけない時がやってきます。なぜなら全ての曲が楽譜として販売されていないから。特にライブはCDとは違うアレンジで演奏されていたり、販売されていても楽譜が必ずしもあっているとは限らないからです。筆者も過去にインディーズで好きなバンドがいた時に、あるライブ後の物販で『⚪︎⚪︎の曲の楽譜を出してください』とお願いした恥ずかしい過去があります。

 

  • 耳コピのコツ①

 

楽器に触れない。耳コピをするのに楽器は必要ないの?と、思うかもしれませんが鳴っている音が分からず楽器を持っても「この音じゃない・・・これか?いや、違う・・・」と、永遠と探し続けることになります。
完璧である必要はありませんが鳴っている音が何なのか頭の中で出来るだけ想像できるように何回も何回も繰り返し聴きましょう。

 

  • 耳コピのコツ②

 

一番低い音やフレーズのメインとなる音を把握する。コード進行をコピーする時に一番低い音を把握することでコードの予測が容易になります。ベースは基本的に単音なので聞き取りやすいのもメリットの1つです。次にギターソロなどは長く伸ばされている音をまず把握しその間を後からコピーしたりすると1音1音コピーするより早くコピーすることができます。実はフレーズの繰り返しだったりなんてことも少なくありません。

 

  • 耳コピのコツ③

 

曲の再生速度を遅くして聴く。何度聴いても鳴っている音が分からない時があります。そんな時は曲の再生速度を遅くして聴くことで音の把握が容易になります。今はスマートホンのアプリで簡単に行うことができます。折角なので筆者が使っているアプリを1つご紹介します。アプリ名はAnytune。このアプリは再生速度を最大半分まで(倍速も可能)遅くすることが可能で一定区間のリピート再生やキーチェンジも簡単に行うことができるのでチューニングが違う曲や歌の練習でも活躍してくれます。

 

  • まとめ

 

耳コピは地味で時間のかかる作業です。でも、それをすることで楽譜にはない演奏者のニュアンスや音使い、リズムの特徴などをコピーすることができ自分の演奏の幅も間違いなく広がることでしょう。