728x90-min

楽器メーカーとして有名なBOSSから今年発表された新製品が注目を浴びています。その名はMS-3。一見するとよくあるスイッチャーの様ですがスイッチャーとマルチエフェクターが合わさったマルチエフェクト・スイッチャーであり、このサイズでは今まで有りそうでなかった新発想機材です。

 


 

  • 内臓エフェクト

 

●FX1/FX2:COMPRESSOR(8タイプ),LIMITER(3タイプ),T.WAH,BASS T.WAH,AUTO WAH,WAH(6タイプ),BASS WAH(6タイプ),OD/DS(21タイプ),BASS OD/DS(6タイプ),BASS OD/DS(6タイプ),GRAPHIC EQ,PARA.EQ,AC.GUITAR SIMULATOR,DEFRETTER,SITAR SIM,SLOW GEAR,BASS SLOW GEAR,OCTAVE,BASS OCTAVE,PITCH SHIFTER,BASS PITCH SHIFTER,HARMONIST,BASS HARMONIST,OVERTONE,PEDAL BEND,BASS PEDAL BEND,SOUND HOLD,S-BEND,BASS S-BEND,WARP,FEEDBACKER,SUB DELAY(2タイプ)●MOD1/MOD2:CHORUS,2×2 CHORUS,PHASER(4タイプ),FLANGER,BASS FLANGER,TREMOLO,PAN(2タイプ),ROTARY,UNI-V,SLICER,VIBRATO,RING MOD●DELAY(11タイプ)●REVERB(8タイプ)●NOISE SUPPRESSOR
この全てのエフェクトを好きな位置、好きな順番に配置することができ、50バンク×4プリセット(200プリセット)の音色保存が可能です。

 

  • 今までのマルチの弱点を克服する3ループとMIDI

 

マルチエフェクターは一台で様々なことが出来る便利な機材ですが歪みがいまいち納得いかないということで避けてきた方も多いと思います。そんな中BOSS MS-3には3つのループが付いているので好みの歪みをルーティングし、MS-3の内臓エフェクトと組み合わせた音作りが可能になりました。またここ10年で、フロア型のマルチディレイやマルチモジュレーションが当たり前になってきました。その個体でしか出せない音などもあるでしょう。その場合はMS-3のアウトプットからマルチディレイやマルチモジュレーションに接続、MS-3とマルチディレイやマルチモジュレーションをMIDI接続することで今まで使ってきた音色+MS-3での一括制御が可能になります。

 

  • フットスイッチやフットペダルによる機能拡張

 

BOSS MS-3には専用のフットスイッチやフットペダルを2つまで接続することが出来るので瞬時に好きなエフェクトのON/OFFやワウ、ピッチシフト、ディレイタイムの操作、ヴォリュームペダル等を割り当てることができます。しかもプリセット毎に割り当てが可能なのでもしスペースが許すのであれば使用してみることをお勧めします。


 

  • 専用ソフトを使ったパソコンとの連携

 

BOSS MS-3にはパソコンで編集できる専用ソフトが用意されています。保存されている設定を保存しておけたりパソコン上でMS-3本体の設定を変えることができます。また、ライブや現場毎のライブラリを保存しておくこともできるのでデータの移行も容易に行うことができます。