728x90-min

誰しもがラックエフェクターやアンプを持ち運んでいた時代と変わり、現在はエフェクターのめざましい進化とともに機材の省スペース化が進んでいます。足元にエフェクターをズラリと並べているプレイヤーも少なくないでしょう。みなさんは足元のボードにどんなパッチケーブルをお使いですか?CAJ(カスタムオーディオジャパン)やProvidence(プロビデンス)、好みのプラグとケーブルを買ってきてハンダを使って自作したパッチケーブル。そんな中ここ数年で増えてきたのがハンダ不要のパッチケーブル、ソルダーレスケーブルです。そのメリットは何と言ってもドライバーとニッパーがあれば1分ほどでパッチケーブルが作れてしまう事でしょう。今回はそんなソルダーレスケーブルをご紹介したいと思います。

 

  • ソルダーレスケーブルの先駆者George L’S(ジョージエルス)

 

ラック全盛期からコンパクトエフェクターをメインとしたシステムが流行りだし、限られたスペースに機材を収納するのに力を発揮したのがGeorge L’S(ジョージエルス)のソルダーレスケーブルでした。ケーブルを必要な長さに切り小さい専用プラグに差し込み手で締め込むだけで完成するという手軽さからソルダーレスケーブルといえば長年George L’S(ジョージエルス)でした。勿論音が悪いというわけではなく音にうるさいエリックジョンソンなども気に入って使っていました。

 

  • 日本でソルダーレスケーブルを一気に定番化させたFREE THE TONE(フリーザトーン)

 

手で締め込むだけのGeorge L’S(ジョージエルス)のソルダーレスケーブルは移動が重なったり抜き差しが増えると接点不良が起きる事がありまだまだ一般的ではありませんでした。アメリカで開発されたものだったので日本人の力では十分な締め込みができない事があったようです。その辺の問題点を解決させつつケーブルも柔らかいものにし作りやすいソルダーレスケーブルをFREE THE TONE(フリーザトーン)が発売しました。基本の作りはGeorge L’S(ジョージエルス)と同じですがネジを1本使うことでツアーにも耐えうる安定度を誇るパッチケーブルを完成させたのです。FREE THE TONE(フリーザトーン)はドームやアリーナクラスのアーティストのシステムを組んでいることもあり瞬く間に一般化しました。

 

  • ケーブルの色による音の変化にこだわるProvidence(プロビデンス)

 

自社製エフェクターやケーブルの販売、輸入代理店、昨今は自社製ギターも製作するProvidence(プロビデンス)からもソルダーレスケーブルは発売されています。 スイッチャーといえばProvidence(プロビデンス)かCAJ(カスタムオーディオジャパン)という時代があった程なのでケーブルにも強いこだわりを持つメーカーですがProvidence(プロビデンス)のソルダーレスケーブルの特徴はネジ2本を使いV字にケーブルを締め込むことでトラブルを最大限防ぐ設計になっています。勿論プラグ本体にも独自のこだわりを持って製作されています。

 

  • まだまだ広がるソルダーレス市場

 

上記にあげたブランド以外にもMONTREUX(モントルー)、ONE CONTROL(ワンコントロール)、Ibanez(アイバニーズ)、日の出光機製作所などなど沢山のメーカーからソルダーレスケーブルは発売されています。色々なメーカーから自分にあったソルダーレスケーブルを見つけるのもいいのではないでしょうか。