728x90-min

ギターやベースを続けていると弾くことに加えて、保管方法が気になってきたりします。最初は1本だったけど今は数本の楽器を所有している、昔は毎日弾いていたけど仕事が忙しくて一時休憩という方などは特に気になるのではないでしょうか。

 

  • 楽器にかかる負荷

 

普段何気なくチューニングをして弾いている弦。その弦を張るだけで楽器には予想以上の負荷がかかっています。どれくらいかというとエレキギターで 4〜50kg、アコースティックギターで 70kg、ベースで 80kg 以上と言われています。もちろん弦のゲージが太くなれば更に負荷は高くなりますが細いからいいと言うわけでもなく弦の太さは弾きやすさやサウンド、テンション感などに大きく関わってきます。

 

  • ネック材や作りによる注意点

 

ギターやベースには主に2種類のネック材が使われています。それがメイプルとマホガニーです。メイプルはクリアーかつ輪郭があるサウンドでフェンダー系のギターやベースのネック材としてよく使われています。マホガニーはファットで中低域が豊かなサウンド、メイプルよりは柔らかい材とされギブソンやポールリードスミス、アコースティックギターによく使われています。マホガニーを使ったギターは扱いに特に注意しなければいけません。何故かというとマホガニーが使われたギターはテンションを稼ぐためネックの先に角度を設けていたりセットネック構造(ネックとボディがボルトではなく溝で組まれている)が採用されていることが多いのでネック折れの事例がフェンダー系より圧倒的に多いです。更にアコースティックギターは見てもわかるように中が空洞なので弦のテンションによりボディトップが浮いて来たりします。

 

  • 弦は緩めるべきか

 

記事のタイトルにもなっている弦は緩めるべきかいなか。筆者が実際の現場や楽器を作る方と接してきた経験からすると一般的なゲージの弦を張った場合、頻繁に弾くエレキギターは緩めない。理由は弦を緩めたり絞めたりを繰り返すと楽器にかかる負荷が常に変化してしまい良いセッテングにしてもそれを保てないからです。エレキギターよりネックにより負荷がかかるアコースティックギターやベース、また、2週間以上弾かないエレキギターは緩めるようにしています。普段弾かない楽器に強いテンションがかかったまま放置をするとネックの状態の変化に気づくのが遅くなり、致命的なコンディションになってしまうことがあるためです。弦を緩める場合も全弦半音下げや1音下げというようにチューニングも合わせて下げています。変則チューニングや多弦ギター(12弦や7弦)、物凄く太いゲージを張っている場合は様子を見て緩めると良いでしょう。

 

  • まとめ

 

楽器の多くは木で出来ています。木は常に呼吸をし環境に敏感です。エレキギターは 50% 前後の湿度が良いと言われていますが人間が生活していて不快ではない温度や湿度ならば楽器にとってもそれ程悪い環境ではないのではないでしょうか。梅雨の時期が近づくと『湿度がぁ』と、気にされる方もいますが楽器も人間と同じで季節の変わり目や突然の環境の変化が1番の強敵です。自分の体にストレスが少ない環境を作ってあげることで心身楽器共々いいコンディションで過ごせるのではないでしょうか。