728x90-min

楽器屋さんに行くと沢山のメーカーからギターの弦が発売されています。同じメーカーでも太さ違いや素材違い、弦の巻き方で音程や触り心があるので好みに合ったものを探すのはとても難しいでしょう。チューニングを下げるダウンチューニングや7弦ギターなども一般化してきたので更に種類は増えています。そんな中、1995年にアメリカで創業したメーカーElixir Stlingsをご紹介したいとお思います。

 

  • 長寿命を誇るElixir弦

 

皆さんが弦を交換するタイミングはいつでしょうか?ライブ毎、弦が錆びたら、弦が切れたらなどタイミングは人それぞれかと思いますが一般的な弦の寿命は1週間〜1ヶ月(音質低下や弦の錆び)と言われています。今回ご紹介するElixir(エリクサー)弦はなんと他社の3〜5倍の寿命を誇ると言われています。

 

  • Elixir独自のコーティング技術

 

Elixir(エリクサー)の弦が他社と違いなぜ長寿命を実現できるのか。その理由がElixir(エリクサー)独自のコーティング技術にあります。完成した弦にElixir独自の技術を施す事でコーティングされたコーティング弦は表面だけでなく、巻弦の隙間に入り込むゴミや汗を防いでくれことにより音質劣化やサビから弦を守ってくれます。通常弦ではすぐに錆びてしまうような手汗をかきやすいギタリストにとっては正に最適な弦といえるでしょう。勿論コーティングされたから音が悪いというわけではなく世界中のギタリストやメーカーからも支持されコーティング弦といえばElixirと言われるほどになっています。

 

  • ユーザーに合わせた商品展開

 

Elixir(エリクサー)のエレキギター用弦セットには「POLYWEB」と「NANOWEB」、そして2017年3月に発売されたばかりの「OPTIWEB」の3種類のタイプがあります。どのラインナップもコーティングが施されており長寿命は変わりませんが音色と感触が変わってきます。「POLYWEB」は3種類の中では1番暖かみがありなめらかな触り心地。「NANOWEB」はもう少しナチュラルな音色で自然なタッチを求めるユーザーの為に発売されました。「OPTIWEB」は筆者もまだ使用した事がありませんが更にノンコーティングに近いニュアンスになっているようです。

 

  • アコースティックギターやベース用のElixir弦

 

エレキギターのプレイヤーに限らずElixir(エリクサー)はアコースティックギターやベースプレイヤーにも高い支持を得ています。エレキ同様ゲージや素材もプレーヤーの要望に合わせ沢山のラインナップが揃っています。筆者はエレキは勿論アコースティックギターにもElixir(エリクサー)を使用していますが何よりもタッチノイズが他社の弦より圧倒的に少ない為、ライブの時には重要なポイントになっています。

 

  • まとめ

 

ノンコーティング弦に比べElixir(エリクサー)のコーティング弦は1.5〜2倍程の値段がしますが寿命を考えればとても経済的と言えるかと思います。また普段は使用頻度の低いギターなどに張っておくのもいいのではないでしょうか。