728x90-min

日本人により2008年に立ち上げられたエフェクターブランドVemuramu(ベムラム)。エレキギター用のエフェクターをメインに製作しており、高品質&高音質ということでトッププロから絶大なる信頼を得ているメーカーです。特に音にこだわりをもつミュージシャンが多く使っているためいわゆる玄人向けと、言われていますがここ数年で、多くの楽器店や雑誌で目にすることが増えたので一般プレイヤーへの認知度も高くなってきているのではないでしょうか。

 

  • 代表機種のJan Ray(ジャンレイ)

 

Vemuramu(ベムラム)からは様々なモデルのエフェクターが発売されていますが1番の代表機種がJan Ray(ジャンレイ)です。艶やかでハリがありタッチに繊細に反応するエフェクターなのでアルペジオから極上のクランチサウンドまでこれ1台で表現することができ、プリアンプ変わりに常時ONで使用するプレーヤーもいます。オーヴァードライブというカテゴリーに入るエフェクターですがTS9(チューブスクリーマー)やケンタウルス系のソロで活躍するペダルとはまた違う良さを持っています。

 

  • 世界基準のサウンド

 

立ち上げからわずか10年で世界20ヶ国以上にエフェクターを出荷しているVemuramu(ベムラム)。その躍進の1つとして最初の開発段階からニューヨークのミュージシャンが数多く関わって製品化されてきたという背景があると思います。日本にとどまらずニューヨークという地で現場のプロからの意見を取り入れ開発されたことで高品質なペダルが完成し、2010年にはニューヨークの楽器店に並ぶようになりました。現在までにマイケルランドゥー、マットスコフィールド、ジョンシャンクス、オズノイなど世界的なミュージシャンとのコラボレーションペダルも多数販売されています。

 

  • パーツへのこだわり

 

一目見るだけでVemuramu(ベムラム)のエフェクターとわかるブラス製の筐体はサウンド面で有利と言われています。基盤への半田付けもハンドメイドで行われておりオリジナルのコンデンサーやスイッチも使用されています。

 

  • まとめ

 

今回ご紹介したJan Ray(ジャンレイ)の他にもマーシャルサウンドを目指したペダルやブースターが沢山製作されているので見かけたときは是非そのサウンドをチェックしてみてください。