728x90-min

コントロール:ボリューム、シェイプ、ベース、ミッドレンジ、トレブル、シェイプ・オン / オフ・スイッチ
入出力端子:インプット、ヘッドフォン・アウト、DI アウト
出力:500W
外形寸法:幅 446mm ×奥行 540mm ×高さ 425mm
重量:16.2kg

 

HARTKE (ハートキー) のアルミコーン・スピーカーは、アンプ・ヘッドの音色的な特徴も相まって、素直でタイトな音色が真っ直ぐに飛んでくる印象があった。そういった点で、ステージやリハーサルでモニター用途に扱いやすいキックバック・タイプのアンプはこのスピーカーに適しているスタイルだと言えるだろう。スイッチング電源を搭載したクラス D アンプが普及した現代では、ベースアンプも小型で大出力なものが増えてきた。その為、HARTKE (ハートキー) KB15 の様なベース・アンプが登場したのも時代の潮流と言えるだろう。HARTKE (ハートキー) KB15 は15インチのスピーカーを搭載しているので小型化には限度がある為、従来機から大きな小型化などはなくオーソドックスなスタイルだが、サイズの割に軽量なのが嬉しい点だ。ネオジック・マグネットを採用した HYDRIVE スピーカーの効果も大きいのか、現代的でワイド・レンジな音質でタイトで聴きやすい。コントロールは至ってシンプルで、3バンド・イコライザーは効きが良いが派手すぎず、音色が分かりやすく変化してくれる。ノッチ・タイプのシェイプ・コントロールも音色がイメージしやすく、これらを組み合わせて素早く音作りができる点も魅力だ。