728x90-min
  • スペック
  • コントロール:【つまみ】モード(スタンダード、アナログ、テープ、ビンテージ・デジタル、デュアル、パターン、リバース、SFX、シマー、フィルター、スロー・アタック、テラ・エコー)、タイム / バリュー、フィードバック、エフェクト・レベル、トーン、モッド・デプス【ボタン】▲ / ▼ボタン、ライト(エグジット、エディット)【スイッチ】バンク / パッチ切り替え ×2、タップ・コントロール
  • 入出力端子:インプット ×2(A / モノ、B)、アウトプット ×2(A / モノ、B)、エクスプレッション・ペダル、USB、MIDI イン / アウト
  • 電源:単三アルカリ乾電池 ×4もしくは AC アダプター
  • 外形寸法:幅 170mm × 奥行 138mm × 高さ 62mm
  • 重量:1.0kg

 

  • レビュー
BOSS (ボス) / DD-500 はディレイを自由自在に操ることのできる多機能なプログラマブル・ディレイ・エフェクターだ。32 ビット処理の高音質設計で、ディレイのモードは 12 種類。最大 297 パッチまでプリセット可能で、フットスイッチで呼び出せるほか、MIDI 対応なので、スイッチャーと組み合わせたシステムも構築できる。フロント・パネルには視認性の高い大型 LCD ディスプレイを装備。TAP / CTL スイッチはタップ機能、ホールド機能、ディレイのフェードアウト / フェードイン機能など、様々な機能を割り当てられるスイッチで、これを駆使すれば、フレーズの一部分だけディレイをかけたり、ギター・ソロの最後の音を延々と引き延ばすなど、リアルタイムにディレイをコントロールすることができる。さらには最大 120 秒のループ機能も装備。ユーザーのプレイ・スタイルの幅を広げ、ダイナミックなステージングを可能にしてくれるディレイだ。

 

  • Twitter での反応