728x90-min
  • スペック
  • コントロール:ドライ・ボリューム、エフェクト・ボリューム、アタック、サステイン、モード・スイッチ (ORCHESTRA / CELLO / STRINGS / FLUTE / CLARINET / SAXOPHONE / BRASS / LOW CHOIR / HIGH CHOIR)
  • 入出力端子:インプット、ドライ・アウトプット、エフェクト・アウトプット
  • 電源:DC9V アダプター
  • 外形寸法:幅 102mm ×奥行 121mm ×高さ 89mm
  • 重量:320g

 

  • レビュー
1960年代〜1970年代のプログレッシブ・ロックには欠かせない特殊楽器だったメロトロンは、アナログ・テープを使用したサンプリング鍵盤楽器だ。ELECTRO-HARMONIX (エレクトロ・ハーモニックス) から発売されたエフェクター、MEL9 はギターの音をメロトロンの音に変えられるというエフェクターだ。ORCHESTRA (オーケストラ)、CELLO (チェロ)、STRINGS (ストリングス)、FLUTE (フルート)、CLARINET (クラリネット)、SAXOPHONE (サックスフォン)、BRASS (ブラス)、LOW CHOIR (ロー・クワイア)、HIGH CHOIR (ハイ・クワイア) という9つのモードが選択可能。見た目は普通のコンパクト・エフェクターだが音を出してみるとその魅力の虜になる。数々の名作音源で聴いた事のある、あのサウンドが自分のアンプからそのまま出てくるといった印象だ。コンパクト・エフェクターとしては高価な部類に入るが、ぜひ手に入れておきたいエフェクターだ。

 

  • Twitter での反応