728x90-min

原顔写真
原(クロサワ楽器店販売員):ご紹介いたしますのが Martin(マーティン) DC-28E というモデルです。いわゆるスタンダード・シリーズの D-28 がベースとなっているんですが、カッタウェイでピックアップが搭載されているモデルです。王道の Martin(マーティン) サウンドを生でも楽しめて、アンプからも出力出来るというギターです。一般的なエレアコは、アコギの形をしているものの、どちらかと言うとアンプを通す事を前提に作られているものが多いと個人的に感じますが、Martin(マーティン) DC-28E は本当に生でも使える純粋な Martin(マーティン) サウンドを持ちながらライブなどの現場で活躍出来る、かつ気軽に良いサウンドが出せるのが特徴です。ボディ・マテリアル、ブレイシング・パターンなども D-28 と共通しているのですが、ナット幅が若干広めなので、フィンガー・ピッキングをするプレイヤーなどがクラシック・フォームでも弾きやすい仕様となっています。またパフォーミング・アーティスト・シリーズと共通するプロファイルのネックとなっていて、ハイ・ポジションからロー・ポジションまで平らなシェイプのネックになっています。カッタウェイという仕様とも相まってソロを弾かれる方にも非常に弾きやすくなっています。

 

 

 

山田顔写真
山田(トミヨシミュージックスクール講師):大体普通のアコギってハイ・ポジションにいくほどネックが厚くなってくるので、指が届きづらかったりするのですが、この Martin(マーティン) DC-28E は 17 フレット、15 フレット辺りを弾いてもスッといけるので、エレキギターからアコギに転向した人も違和感無くソロ・プレイなどが出来るので凄く良いと思います。

 

 

 

原顔写真
このモデルの特徴であるピックアップ・システムをご紹介します。従来のアンダー・サドルのタイプに加えて、トップ材の裏に貼付のマイクを追加し、トップ材自体の振動や空気感を加味して出力出来る FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が搭載されています。実際に弾いてもらっても良いですか?(試奏を挟み…)どうでしょうか? FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が効いているのと効いていないのを比べて頂いて。

 

 

 

山田顔写真
全然違いますね。個人的には FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が効いている方が、サウンドが良い意味で色付けされた感じが凄く効いていてどんなライブの会場や、それこそ路上とかでやっても、かなり綺麗なアコギの雰囲気が伝わると思います。

 

 

 

原顔写真
本当に、この個体の生鳴りっていうのがピエゾだけでも伝わるようになっているんですけど、FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)を効かせる事で、より立体的な、リアルな響きっていうのを再現出来るものになっていると思います。

 

 

 

  • 動画はこちらから