728x90-min

ギターを購入しようとした時に、ネットやお店で探してみると予想以上に色々なギターがあり、形が同じでも数万円から数十万円、数百万円の物が並んでいます。自分もその中からコレだという1本を手にいれアンプから音を出した時の感動は今でも忘れません。もう無敵のロックスター状態でコードも何もわからないのにただただギターをかき鳴らしていた記憶があります。今回はギター(エレキの方はアンプは必須です)を買う時に一緒に揃えておくと便利な筆者おすすめアイテムを紹介したいと思います。

 

  • チューナー

 

ギターは常に同じ音程を出してくれるわけではなくギターを弾く前には必ず各弦の音程を、決められた高さに合わせます。その時に役立つのがチューナーです。定番は足元に置くタイプのチューナーです。ギターからシールド(ケーブル)でチューナーに繋ぎ使用します。視認性が高くギターの生音が聴こえないライブなどでも安心してチューニングをすることができます。

 

次に紹介するのはここ10年位で一気に出てきたクリップチューナーです。クリップの場合、ギターのヘッドに挟んでチューニングをするためシールドが不要となり、手軽でアコギや管楽器などでも使用できます。

 

  • シールド

 

エレキギター(エレアコも含む)の場合シールドがなければアンプに繋げないので音が出ません。
先述したチューナーと繋ぐのにも必要です。
種類が豊富なのとシールド1本でも音が変わるのでコレ!というのは難しいのですが1000円以上のものでしたらとりあえず安心かと思います。

 

  • カポ
カポとはギターのネックに付けて難しい曲を簡単に弾けるようにしたり独特な響きを出したい時に使います。
特にアコースティックギターを使う方は必須になってくると思うので最初に揃えるといいでしょう。

 

  • メトロノーム

 

音楽の3大要素はメロディー、ハーモニー、そしてリズムです。そのリズム感を養うのに絶対必要なのがメトロノームです。筆者も最初にメトロノームの大切さを知っていればまた違ったギターライフだったかも、と思うくらい大切なもので、だまされたと思って是非最初に手に入れてみて下さい。メトロノームを使ったリズムトレーニングをしている人としていない人では格段にレベルが違ってきます。
スマートフォンのアプリも沢山あるのでそこから初めて見るのもいいでしょう。

 

  • ギタークロスとスタンド

 

ギターは練習すればするほど手汗や汚れが付くので弾き終わったら専用のクロスで弦やボディを拭いてあげましょう。そしていつでもパット手に取れるようにギタースタンドを購入しそこにギターを置きましょう。地震など心配ではありますが目に入るか入らないかで大きな違いになってきます。

 

  • まとめ

 

今の時代、楽器は本当に安くなり手が届きやすいものなりました。ここであげたアイテムは初心者セットとしてギターに付けてくれる楽器店も多くあるので、お店の方と相談して購入するといいのではないでしょうか。