728x90-min
WORD CLOCK (ワード・クロック)。ワード・クロックとは、デジタル・オーディオ信号を機器間で伝送する際にサンプリング周期を正しく同期させるための信号のこと。アナログ信号で接続する際には意識する必要はなく、また、デジタル信号でも S / PDIF や AES / EBU などで1対1の接続を行うだけの場合はワード・クロックに相当する信号が既に含まれているため、それほど問題にはならずマスターとスレーブの組み合わせになるように設定するだけである。しかし、デジタル・ミキサーのように、複数のデジタル・オーディオ信号の入力を同時に扱う場合が問題となり、それぞれのデジタル・オーディオ信号の同期が取れていないとノイズが発生する原因となる。これを避けるため1台のマスターとなる機器から他のスレーブとなる機器にワード・クロック信号を分配して全体の同期を取る必要がある。精度の高いワード・クロックを供給するための専用のマスター・クロック・ジェネレーターという機器もある。ワード・クロック信号を接続するためのコネクターとしては一般的に BNC 端子が用いられる。