アコギ

ギターを買う時に一緒に揃えておきたいアイテム

728x90-min

ギターを購入しようとした時に、ネットやお店で探してみると予想以上に色々なギターがあり、形が同じでも数万円から数十万円、数百万円の物が並んでいます。自分もその中からコレだという1本を手にいれアンプから音を出した時の感動は今でも忘れません。もう無敵のロックスター状態でコードも何もわからないのにただただギターをかき鳴らしていた記憶があります。今回はギター(エレキの方はアンプは必須です)を買う時に一緒に揃えておくと便利な筆者おすすめアイテムを紹介したいと思います。

 

 

ギターは常に同じ音程を出してくれるわけではなくギターを弾く前には必ず各弦の音程を、決められた高さに合わせます。その時に役立つのがチューナーです。定番は足元に置くタイプのチューナーです。ギターからシールド(ケーブル)でチューナーに繋ぎ使用します。視認性が高くギターの生音が聴こえないライブなどでも安心してチューニングをすることができます。

 

次に紹介するのはここ10年位で一気に出てきたクリップチューナーです。クリップの場合、ギターのヘッドに挟んでチューニングをするためシールドが不要となり、手軽でアコギや管楽器などでも使用できます。

 

 

エレキギター(エレアコも含む)の場合シールドがなければアンプに繋げないので音が出ません。
先述したチューナーと繋ぐのにも必要です。
種類が豊富なのとシールド1本でも音が変わるのでコレ!というのは難しいのですが1000円以上のものでしたらとりあえず安心かと思います。

 

カポとはギターのネックに付けて難しい曲を簡単に弾けるようにしたり独特な響きを出したい時に使います。
特にアコースティックギターを使う方は必須になってくると思うので最初に揃えるといいでしょう。

 

 

音楽の3大要素はメロディー、ハーモニー、そしてリズムです。そのリズム感を養うのに絶対必要なのがメトロノームです。筆者も最初にメトロノームの大切さを知っていればまた違ったギターライフだったかも、と思うくらい大切なもので、だまされたと思って是非最初に手に入れてみて下さい。メトロノームを使ったリズムトレーニングをしている人としていない人では格段にレベルが違ってきます。
スマートフォンのアプリも沢山あるのでそこから初めて見るのもいいでしょう。

 

 

ギターは練習すればするほど手汗や汚れが付くので弾き終わったら専用のクロスで弦やボディを拭いてあげましょう。そしていつでもパット手に取れるようにギタースタンドを購入しそこにギターを置きましょう。地震など心配ではありますが目に入るか入らないかで大きな違いになってきます。

 

 

今の時代、楽器は本当に安くなり手が届きやすいものなりました。ここであげたアイテムは初心者セットとしてギターに付けてくれる楽器店も多くあるので、お店の方と相談して購入するといいのではないでしょうか。

 

マーティンのエレアコを試奏!【MARTIN DC-28E】

728x90-min

原(クロサワ楽器店販売員):ご紹介いたしますのが Martin(マーティン) DC-28E というモデルです。いわゆるスタンダード・シリーズの D-28 がベースとなっているんですが、カッタウェイでピックアップが搭載されているモデルです。王道の Martin(マーティン) サウンドを生でも楽しめて、アンプからも出力出来るというギターです。一般的なエレアコは、アコギの形をしているものの、どちらかと言うとアンプを通す事を前提に作られているものが多いと個人的に感じますが、Martin(マーティン) DC-28E は本当に生でも使える純粋な Martin(マーティン) サウンドを持ちながらライブなどの現場で活躍出来る、かつ気軽に良いサウンドが出せるのが特徴です。ボディ・マテリアル、ブレイシング・パターンなども D-28 と共通しているのですが、ナット幅が若干広めなので、フィンガー・ピッキングをするプレイヤーなどがクラシック・フォームでも弾きやすい仕様となっています。またパフォーミング・アーティスト・シリーズと共通するプロファイルのネックとなっていて、ハイ・ポジションからロー・ポジションまで平らなシェイプのネックになっています。カッタウェイという仕様とも相まってソロを弾かれる方にも非常に弾きやすくなっています。

 

 

 

山田(トミヨシミュージックスクール講師):大体普通のアコギってハイ・ポジションにいくほどネックが厚くなってくるので、指が届きづらかったりするのですが、この Martin(マーティン) DC-28E は 17 フレット、15 フレット辺りを弾いてもスッといけるので、エレキギターからアコギに転向した人も違和感無くソロ・プレイなどが出来るので凄く良いと思います。

 

 

 

このモデルの特徴であるピックアップ・システムをご紹介します。従来のアンダー・サドルのタイプに加えて、トップ材の裏に貼付のマイクを追加し、トップ材自体の振動や空気感を加味して出力出来る FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が搭載されています。実際に弾いてもらっても良いですか?(試奏を挟み…)どうでしょうか? FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が効いているのと効いていないのを比べて頂いて。

 

 

 

全然違いますね。個人的には FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)が効いている方が、サウンドが良い意味で色付けされた感じが凄く効いていてどんなライブの会場や、それこそ路上とかでやっても、かなり綺麗なアコギの雰囲気が伝わると思います。

 

 

 

本当に、この個体の生鳴りっていうのがピエゾだけでも伝わるようになっているんですけど、FISHMAN AURA VT ENHANCE(フィッシュマン・オーラ VT エンハンス)を効かせる事で、より立体的な、リアルな響きっていうのを再現出来るものになっていると思います。

 

 

 

マーティン試奏中に謎の怪音が…【MARTIN CTM-M STYLE36】

728x90-min

原(クロサワ楽器店販売員):ご紹介いたしますのが Martin(マーティン) CTM(カスタム)M STYLE 36 ですね。このアコースティック・ギターはカタログ・ラインには無く、クロサワ楽器店がカスタム・オーダーをかけて作ったオリジナル・モデルです。ボディ・サイズは M というもので、聞き慣れないと思います。ERIC CLAPTON(エリック・クラプトン)が使っている 000(トリプル・オー)というモデルはご存知だと思うんですね。その 000(トリプル・オー)より更に外周が一回り大きいモデルとなります。別名 0000(フォース・オー)とか QUADRA-0(クアドラ・オー)とか言われます。またの名を M と言います。ボディのスタイル以外の特徴としてはトップ材にイタリアン・アルパイン・スプルースという材が使われています。非常にきめ細かく解像度の高い、表現力のある音色が特徴で、きらびやかさとパワーを兼ね備えています。アディロンダックと比べても倍音のきめ細やかさだったり表現力の高いトップ材と言えます。サイド&バックはインディアン・ローズウッドですね。バックは3ピース構造になっています。MARTIN(マーティン)のドレッド・ノートの代表格は D-28、D-35 などがあります。D-35 のスタイルとしては、やはり3ピース・バックで、低音から高音までのバランスが良かったり、歌ものなんかにも凄く馴染みが良かったりしますが、この Martin(マーティン) CTM(カスタム)M STYLE 36 も、そういった特性を持っています。

 

 

 

山田(トミヨシミュージックスクール講師):(試奏を終えて)指で弾かせて頂いても凄く気持ち良いんですけど、やっぱりピックでストロークした時の高音の出方が凄まじいですよね。

 

 

 

そうですね、特に Martin(マーティン) らしさを凄く生かした個体なのかなと思います。高音のきらびやかさ・繊細さは、この胴寸の浅いオー・タイプのレスポンスの良さとトップ材のイタリアン・アルパイン・スプルースが要因となっているというところがあると思います。ブレイシングがスキャロップしていないモデルになるのですが、指で弾いてもピックで弾いてもレスポンスの良さは感じて頂けたかなと思います。

 

 

 

僕がギターを始めた頃はエレキ・ギターから始めたんですね。で、エレキ・ギターをやっていて途中から「アコギもやってみようかな」と思った時にエレキ・ギターとネックのシェイプや弦高が違うと弾きにくいと感じたり、綺麗な音が出せないっていう事があると思うんです。でもこの CTM(カスタム)M STYLE 36 は持った感じが結構エレキ・ギターに近いネック・シェイプなので「エレキからアコギに転向しようかな」とか「アコギも始めてみようかな」と考えている人にも苦にならない仕様だと思います。

 

 

 

おっしゃる通りだと思います。ナット幅も、今の D-28 などに代表される様な 42.8mm の細いナット幅になっていまして、ネックのハイ・ポジションに行っても厚さがあまり変わらないタイプになっています。その為、左手の感触もエレキ・ギターに慣れた方でも入りやすいと思います。あとは、この外周あってのワイド・レンジを持っていながらも、胴が浅いので抱え込んだ時に体の近くになります。それだけでもかなり演奏時の体の負担が軽減されて今までエレキ・ギターを弾いていた方にも馴染みやすく、ある種日本人の体型にあっているのかなとも思います。そういった扱いやすさもこの CTM(カスタム)M STYLE 36 の魅力かなと思います。