アンプ

キレイで音圧のあるクリーントーンの出し方

728x90-min

ギターサウンドと聞いて多くの人が思い浮かべるサウンドは歪んだドライブサンドではないでしょうか。ロックなリフや耳に残るディストーションのギターソロ、かっこいいクランチサウンドとコードで奏でられる楽曲達。ギタリストが永遠に追及するサウンドがドライブサウンドですがその逆のサウンドがクリーントーンです。コーラスやディレイの掛かったアルペジオは楽曲に奥行きもたらし、キレのあるクリーントーンのカッティングは楽曲に勢いをもたらしてくれます。最近はコンパクトエフェクターも目覚ましい進化をしておりアンプではなくコンパクトエフェクターでドライブサウンドを作っている人も多い時代になりましたが、アンプのクリーントーンとエフェクターのON/OFF時のサウンドバランスも大切になってくるでしょう。

 

 

アンプやエフェクターのツマミにあるGain(Drive)とMaster(Volume)。アンプによっては1Volumeの物もありますがどちらにせよサウンドを作るうえで欠かせないツマミになります。まずはGainですがギターの入力音量を調節するツマミでこれを上げることによって歪みが増え、クランチやディストーションといったドライブサウンドを作ることができます。D.Iやミキサーにも付いておりその場合はこのツマミを歪まない程度に上げることで音圧が出たり不要なノイズを抑えたりすることができますがあげすぎるとハウリングの原因になるので気を付けましょう。次にMasterですが実際にスピーカーから鳴っているいる音の大きさを調整するツマミになります。Gainを上げると歪みと同時に音量も上がるのでMasterで最終的な音量を調整します。

 

 

ギターの音色作りで重要になってくるツマミ、それがEQです。Presence,Treble,Midle,Bassと分かれておりツマミを上げ下げすることにより聞こえてくる帯域を調整することができますがこの時重要なのがすべてのツマミは相互関係にあるということです。高音が欲しいと思いTrebleを上げると低い帯域が自然と削られたり実は欲しい帯域はMidleだったけどBassを上げすぎて音がまとまらにといったことがあります。Presenceは超高音といわれることもありますがバンドサウンドの中でのヌケやレンジに非常にかかわってくるので耳に痛くない程度に調節しましょう。エフェクターに良くあるToneツマミですがエフェクター側でToneを絞り過ぎてしまうとアンプ側では調節が効かないサウンドになってしまうのでエフェクターをOFFにすることがある場合は必ずアンプ直の音色を作ってからエフェクターをONにしてToneをいじりましょう。

 

 

アンプやギター、音色も人それぞれ好みがあるので正解はありませんが筆者がキレイで音圧のあるクリーントーンを目指し実際に行っているポイントをいくつかご紹介しようと思っています。まず重要なのがGainとMasterです。自分がスタジオに入りマーシャルを触って最初にすることがMasterを8割程まで上げ、Gainツマミでクリーントーンの音量を調節することです。これはアンプをクリーンチャンネルにしエフェクターなどで歪ませる時にしかできないやり方(アンプ側で2チャンネル以上の音作りをしている場合音Masterを上げられない)ですが個人的には音圧もあり歪みを加えても分離がよく余裕をもった音作りができるかなと思っています。EQに関しては好みもあるので難しいポイントですがTreble,Midle,Bassで好みの音色を作り最後にPresenceでヌケを調節しています。Treble,Midle,Bassは1時以上になることは殆どなく12時位から削る方向で基本音作りをしています。全般的に言えることだと、クリーントーンの歪み量は強く引いた時に少しだけブリッと歪むくらいにセッティングするとバンドサウンドによく馴染む音になります。なので筆者がJCを使う時もDistortion(マーシャルでいうGain)をすこーしだけ上げています。逆に輪郭のあるクリーントーンにするとバンドサウンドの中でも目立つ音作りができるかなと思います。

 

 

アンプをクリーンにする人、アンプをクランチにしギター側のVolume操作でクリーン〜バッキング〜ソロを弾きこなす人、クリーンは使わずドライブサウンドのみの人などプレイスタイルでセッティングは変わってくるかとは思いますがリハーサルでもライブでもレコーディングでも何か音作りに迷った時のヒントの1つにでもなれれば幸いです。コンボアンプやすぐに歪んでしまうアンプの時はリハーサルでもマイキングをし、生音の音量を抑えた音作りをするのも一つのやり方だと思います。筆者もバンドの音量をあまり出せないメージャーアーティストのヴォーカルさんの現場の時に、リハーサルから全楽器をマイキング(BaやKeyはD.I)し全員がヘッドフォンをして演奏をするようなこともしています。

 

YAMAHA (ヤマハ) / THR 100H DUAL

728x90-min

出力:100W
チャンネル数:2チャンネル
コントロール:チャンネル切り替えスイッチ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅰ+Ⅱ)【チャンネルⅠ、Ⅱそれぞれ】アンプ・タイプ(モダン、リード、クランチ、クリーン、ソリッド)、ブースター、ゲイン、マスター、ベース、ミドル、トレブル、プレゼンス、リバーブ、ボリューム【裏面】パワー・セクション×2(Ⅰ、Ⅱそれぞれ:6V6、EL84、KT88、6L6GC、EL34、クラス A / AB 選択スイッチ)、インピーダンス・セレクト(4Ω / 8Ω / 16Ω)、出力セレクト(100W / 50W / 25W)、グラウンド・リフト
入出力端子:インプット×2(Ⅰ、Ⅱ)、スピーカー・アウト×2、ライン・アウト×2(Ⅰ、Ⅱ / XLR 端子)、USB、フットスイッチ、エフェクト・ループ(センド / リターン)、ヘッドフォン
外形寸法:幅 445mm × 奥行 248mm × 高さ 125mm
重量:4.2kg
キャビネット:THRC 212
スピーカー:12 インチ・エミネンス・レジェンド 1218、12 インチ・エミネンス・ザ・トンカー
外形寸法:幅 701mm × 奥行 301mm × 高さ 471mm
重量:24kg

 

YAMAHA (ヤマハ) / THR 100H DUAL は THR 100H を2台積み重ねた完全独立2チャンネル・デジタル・アンプ・ヘッド。リッチな真空管サウンドをシミュレートした温かみのあるサウンド・キャラクターで、アンプ・モデルは計5種類。大きな特徴が両チャンネルをミックスできるデュアル・アンプ機能で、使い方は色々と考えられるが、真空管シミュレート、リバーブ、スピーカー・シミュレートなどが別々に割り当てられるので、クラス A 動作のクリーンにクラス A / B 動作のリード・サウンドを組み合わせて音にエッジを加えるとか、一方はリバーブ付き、もう一方はリバーブなしのドライ音にしてみるなど、より立体的で奥行きのある音作りが楽しめる。USB 端子にパソコンを繋げば、ノイズゲートのオン / オフやリバーブ・タイプの選択など、さらに細かなエディットが可能。本機にマッチングした専用キャビネットが別売りで用意されている。