ストラトキャスター

なぜリアピックアップにはトーンが効かないのか。ストラトキャスターの不思議

728x90-min

アメリカのFender(フェンダー)社が1954年に開発・発売したStratocaster(ストラトキャスター)は約60年たった今も基本スペックは変わることなく製造されているギターです。Gibson(ギブソン)のLes Paul(レスポール)と並び現在まで定番の2大巨頭です。そんなStratocaster(ストラトキャスター)ですがピクアップは3つでコントロールも1ヴォリューム、2トーンの3ノブコントロール仕様。ピックアップは3つあるのにトーンは2つしかありません。しかも効くのはフロントとセンターのみ。なぜその様な仕様になったのでしょうか。その不思議と現在までの進化をご紹介しようと思います。

 

 

1950年代、Stratocaster(ストラトキャスター)を開発したレオ・フェンダーやフレディ・タバレスはカントリーミュージックシーンをターゲットにしていました。そのためフロントとセンターにはトーンを配置しリアはキンキンのサウンドを得る目的があったと思われます。また、今では当たり前になった5wayスイッチを使ったハーフトーンですが初期のStratocaster(ストラトキャスター)は3wayスイッチだった為、ハーフトーンサウンドは出すことができませんでした。そのサウンドのよさにたまたま気づいた一部のプレイヤーがテープなどでスイッチを固定し使用していたのが徐々に広まっていき正式に5wayのスイッチが採用されることになりました。スイッチにしろトーンに先に発売されていたTelecaster(テレキャスター)の流れを組んでいたと思われます。

 

 

アンプで歪ませることが当たり前になり、リアにトーンが効くように改造するプレイヤーも増えてきましたが、筆者が個人的に一番魅力を感じ自身のストラトにリアトーンの改造を施すきっかけを作ったギタリストがエリックジョンソンです。正にこの映像を見た瞬間に綺麗なクリーントーンとクリーミーなリードトーンにやられてしまいました。

 

 

時代の流れとともに大音量かと歪み量が求められそれに伴いStratocaster(ストラトキャスター)にも様々な改造がされるようになりました。シングルコイルはハムバッカーよりノイズが出やすいためその対策でレースセンサーピックアップが取り付けられたり、シングルサイズのハムバッカーの登場、位相を変えて独特のサウンドを得るフェイズアウト、0フレットなどなど。

 

 

筆者個人のStratocaster(ストラトキャスター)はマスターヴォリューム、フロント+センター共通トーン、リアトーンの改造になっており、リアトーンノブはプッシュプルタイプに改装、つまりセレクターがどの位置にあってもフロントがONになるようになっています。その為フロント+リハのハーフトーンで擬似Telecaster(テレキャスター)サウンド。さらには3つすべてのピックアップを鳴らすこともできます。

 

SCHECTER (シェクター) / N-ST-AL

728x90-min

ボディ:アルダー
ネック:メイプル
指板:ローズウッド
フレット数:22フレット
ピックアップ:SGR チキンシャックⅡ ST×3
コントロール:ボリューム、トーン×2、5ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ:SGR オリジナル・トレモロ
ペグ:ゴトー MG-T
カラー:VWHT、TSB、BLK

 

SCHECTER(シェクター)の N シリーズは非常に伝統的な外観を採用しながらも、演奏に関わる部分には現代的なスペックを採用したシリーズ。「機能が現代的なギターだと見た目も現代的になってしまう…。伝統的なギターだと機能がイマイチ…」そんなことを考えているギタリストにオススメのギターです。N-ST-AL はストラトキャスター・タイプで、ネックのグリップは U シェイプ、フレットは細めのものが打たれている。初期の調整では弦高が比較的低くセッティングされていて、現代的なプレイを意識したものとなっている。ペグはロック式であるゴトー MG-T を採用。ペグの穴に弦を通して裏側のツマミを回せばすぐにロックできる。弦を外す時もペグを少し緩めてツマミを回せば良いので、弦交換が非常にスムーズだ。時間が限られているライブやスタジオ・レコーディングでもこれは重要な要素と言えるだろう。