ディストーション

BOSS (ボス) / DS-1X

728x90-min

コントロール:レベル、ロー、ハイ、ディストーション
入出力端子:インプット、アウトプット
電源:DC9V アダプターまたは 9V 電池
外形寸法:幅 59mm ×奥行 129mm ×高さ 59mm
重量:450g

 

BOSS (ボス) / DS-1Xは従来のディストーションとは一線を画す存在と言える。何故かというと従来のコンデンサーなどを使ったアナログ回路ではなく、DSPチップとBOSS独自の技術であるMDP回路による最先端のディストーションサウンドだからである。圧倒的な低ノイズとレスポンス、奥行きがある中で太さと分離感が両立されたサウンドは正にデジタル回路による最大の恩恵といえ何者でもないDS-1Xのサウンドである。あえて比べるなら廃盤になってしまったDA-2が浮かぶ。コントロール性も高く全てのツマミを12時の位置に設定しそこから好みの音に近ずけていけるバランス性の高さ。HIGH,LOWと独立したEQは極端に変化するというより音圧や空気感が付加される印象で様々なアンプやギターとのマッチング性の高さが期待できる。

 

 

 

WAMPLER PEDALS (ワンプラー・ペダル) / THE LOW BLOW (ザ・ロウ・ブロウ)

728x90-min

コントロール:ベース、ミッド、トレブル、ブレンド、レベル、ゲイン、ノッチ・フィルター・オン / オフスイッチ、ゲイン・ストラクチャ切り替えスイッチ
入出力端子:インプット、アウトプット
電源:DC 9V〜18V
外形寸法:幅 88.9mm × 奥行 114.3mm × 高さ 38.1mm
重量:約816g

 

アメリカのエフェクター・ブランド、WAMPLER PEDALS (ワンプラー・ペダル) から、ベース用としては初となるオーバードライブ / ディストーション・エフェクターが発売された。ツマミが多く、一見操作が難しそうだが、機能を理解すればとても扱いやすく、軽いオーバードライブから攻撃的なディストーションまで多彩な歪みを出すことができるエフェクターだ。アクティブの3バンド・イコライザーは、単体でも活用できそうなほど特性が素直で質感が良い。プリアンプとして使うのもオススメだ。THE LOW BLOW (ザ・ロウ・ブロウ) の特徴である、ゲイン・ストラクチャーと、特定の周波数帯域をカットするノッチ・フィルターの2つのスイッチは音量感や音色の方向性がガラリと変わる。まずはこれらのスイッチを選択して音作りの方向性を見極め、歪み量と原音のバランスを決めた後に、3バンド・イコライザーで音色を整える、といった使い方が良さそうだ。