プレシジョンベース

美品!1974年製ビンテージ・ベース【FENDER 1974年製 PRECISION BASS】

728x90-min

原(クロサワ楽器店販売員):ご紹介しますのが 1974年製 Fender (フェンダー)プレシジョン・ベースです。先ほどご紹介した1966年製は60年代を代表するようなディテールでしたが、こちらのモデルは70年代を代表するようなディテールを持ったモデルの1つです。ボディ材がアルダー、指板がメイプル、グリップのロー・ポジションをちょっと握って頂ければ分かるのですが、先ほどの66年製より細身ですよね。この年代はいわゆる B ネックと言われるスタイルになっています。交換パーツ等もほとんど見受けられずオリジナルに近い状態を保っています。あと、こちらはカスタム・カラーです。定番のカラーはサンバーストなのですがこちらはブラック・カラーとなっています。あと非常に状態が綺麗という事も特筆すべき点ですね。

 

 

 

高橋(トミヨシミュージックスクール講師):凄いこれも綺麗ですね。普通かなり塗装剥がれたりしますもんね。

 

 

 

そうですよね。凄く保存状態が良いです。クロサワ楽器では現在70年代のベースがいくつかあるのですが、本機の特徴としては特に締まったローだったりメイプル指板特有のハイのヌケ方を持ち合わせているところです。サウンドが薄くならず太い中音域を持ち合わせている点が魅力を感じる個体ですね。

 

 

 

じゃあ弾いてみましょうか。

 

 

 

やっぱり凄くロックですよね。先ほどの66年製のベースと比べると低音のタイトさ、サウンドのヌケ方、スラップ時に1弦をプルした時の反応の早さなどが感じられると思います。プレイヤーや演奏スタイルの好みによりますがかなりキャラクターが立っていると思います。元気な個体なのでガンガン使って頂けると思います。

 

 

 

本当にロックン・ロールとかブルース・ロックとかをやる時は凄く合うベースなんじゃないかなって思います。

 

 

 

【ワイルドなベースを弾いてみた】G&L SB-2

728x90-min

ボディ:アルダー
指板:メイプル
ネック:メイプル
フレット数:21フレット
コントロール:ボリューム×2

 

フェンダー創始者であるレオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立したブランド、G&L。そのG&Lから、男気あふれるベースの登場です。コントロールは2ボリュームのみという潔さで、非常にワイルドなサウンドが特徴。パンク・ロックをピック弾きでガシガシ弾きたい時に活躍してくれそうなベースです。

 

原(クロサワ楽器店販売員):こちらのご紹介しますのは G&L USA SB-2 です。ご覧の通り、プレシジョン・ベース・レイアウトのパッシブ・タイプとなります。ピックアップはマグネティック・フィールド・デザインというレオ・フェンダーが開発したものが搭載されています。このピックアップは特許を取っているので、G&L にしか搭載されていないものになります。パワフルなのにロー・ノイズ。セラミック・マグネットを使ったピックアップです。コントロールは2ボリュームのみです。

 

高橋(トミヨシミュージックスクール講師):2ボリューム…。男らしいですね。

 

原:オプションでカスタム・オーダーする時にトーンを加えたりする事も出来るんですが、このベースに関しては2ボリュームのみという仕様ならではのサウンドを感じて頂けるかと思います。本機の仕様はアルダー・ボディにメイプル・ネック、メイプル指板です。ナチュラル・カラーのベースはアッシュが多いのですが、アルダー材を使う事によって大人っぽい雰囲気が出ています。ネックは希少な柾目の材が使用されています。密度が高い材なので、サウンドの立ち上がりがタイトになるという特徴があります。

 

高橋:木目マニアの人とかもいると思うんですけど、こんなに綺麗な木目は芸術品ですね。

 

原:G&L の製品は、ある種全てカスタム・ショップのクオリティなので木材もとても良いものが使われていますね。指板のアールは12で、ミディアム・ジャンボ・フレットになっていますので、現代的なプレイも容易に出来ます。取り回しがとても良いのもこのベースの特徴です。

 

高橋:プレベ・タイプのベースって、女の子が弾き難いネックの太さだったりするんですけど、これは女の子とか、手の小さい方でも弾きやすいベースですね。

 

原:そうですね。フレットも大きいものを使っていますし、指板も平ら目で、弦高を低めにセッティングしてもビビらないので、弾きやすいと思います。

 

高橋:じゃあ、弾いてみます。

 

続きは動画で!動画本編はこちらから↓