728x90-min

ボディ:スワンプ・アッシュ
指板:メイプル
ネック:メイプル
フレット数:22フレット
コントロール:ボリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター

 

フェンダー創始者であるレオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立したブランド、G&L。そのG&Lから、独自デザインのピックアップが搭載されたギターをご紹介。マグネティック・フィールド・デザインというセラミック・マグネットを用いたシングルコイル・ピックアップはシングルコイルでありながら、パワーがある音が特徴。

 

原(クロサワ楽器店販売員):今回ご紹介するのが G&L ASAT CLASSIC です。いわゆるテレキャスターのタイプの G&L のラインナップの中ではフラッグシップのモデルとなります。特徴は、特許をとっているこのマグネティック・フィールド・デザインという名前のピックアップです。セラミック・マグネットという磁力の強いものを使用して特殊な製法で作られているピックアップですね。ポールピースが六角レンチが入るようになっていて細かく各弦ごとの高さを変えることができます。音の特徴は出力があり、シングルコイル特有のパワーの物足りなさをカバーしています。ただ、あくまでシングルコイルの構造なのでシングルらしい立ち上がりや分離感がしっかりあり現代的なアプローチをサポートしてくれるピックアップとなっています。また、サドルはブラス駒の6連のブリッジ・サドルとなっており、オクターブ調整もしやすくなっています。

 

 

続きは動画で!動画本編はこちらから↓