728x90-min

ボディ:アルダー
指板:ローズウッド
ネック:メイプル
フレット数:22フレット
コントロール:ボリューム、トーン(プル/タップ)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター

 

フェンダー創始者であるレオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立したブランド、G&L。そのG&Lから、フェンダーのムスタングを彷彿させる小振りなボディのギターをご紹介。G&L オリジナルの P-90 タイプとアルニコ・ハムバッカーを搭載。トーン・ノブを引っ張り上げるとアルニコ・ハムバッカーがシングル・タップとなる仕様なので、多彩なサウンドを作り出す事が出来る。

 

原(クロサワ楽器店販売員):こちらのモデルは G&L USA FALLOUT です。G&L USA の中では新しいモデルです。見たとおりムスタング的な小振りなボディなんですが、ネックはロング・スケールです。フロント・ピックアップは G&L で作っている P-90 のレプリカ、リアはハムバッキング搭載です。ハムバッキングはオリジナルのものか、セイモア・ダンカンの TB-4。

 

綿貫(トミヨシミュージックスクール講師):(ピックアップを)選べる?

 

原:はい、選択できる様になっています。ブリッジはアサット・スペシャルと同様のブラスサドル・ブリッジですね。ちょっと肉厚なタイプで弦は表通しです。横のイモネジでサドルをロックする事もできます。

 

綿貫:パッとみた感じ、ここに怪しいスイッチがあるんですが…。

 

原:これはハムバッキングのコイルタップとして使えます。あとは1ボリューム、1トーン、3ウェイ・トグルスイッチという仕様です。指板のアールは12ですね。ギブソンと同じ、平らなタイプとなりますのでハードなプレイをする方にも好まれる設計です。

 

 

続きは動画で!動画本編はこちらから↓

 

今回登場した講師の無料体験レッスンはこちらから受講可能です。