違い

ネックスケールが違うことよるエレキギターへの影響

728x90-min

スケールと聞いてメジャーやマイナーといった音階のスケールを最初に浮かべる方が多いかもしれませんが、今回はネックスケール、つまりネックの長さによってエレキギターにはどのような影響がおこるのかに焦点を当ててみようと思います。ネックスケールとはナット~ブリッジまでの長さであり数ミリ~数センチの違いですがネック7割りボディ3割り(パーツによる差は別にして)と言う人がいるほどネックが出音に及ぼす影響は大きいものがあります。

 

 

長さは約648mm。ストラトキャスターやテレキャスターなどのFender系ギター、ボルトオン構造のギターに多く採用されているスケールです。適度なテンション感があり音の立ち上がりが早い、ピッチも安定しやすくテンションコードなどを弾いても音の分離がいいと言われています。

 

 

 

長さは約628mm。レスポールやSGといったGibson系ギター、セットネック構造のギターに多く採用されているスケールです。ロングスケールより少し短くその分暖かみのあるサウンドが特徴。ロングスケール同様エレキギターにおいて代表的なスケールになります

 

 

長さは約609mm。Fenderムスタングやキッズ向けギターに多く採用されているスケールです。このスケールになるとフレットの感覚が極端に狭く感じネックを握った感覚も上記2つのスケールとは違うものがあります。音も独特ですが日本を代表するギタリストchar氏はムスタングがあったから名曲smokyは生まれたと仰っています。

 

 

 

音楽の多様性に伴いギターは進化してきましたがFender、Gibsonについでメジャーになったブランドの一つにPRS(ポールリードスミス)があります。そのPRSが独自に採用したのが約635mmのスケールでした。基本構造的はレスポールですがロングスケールの良さを組み合わせたネックを採用。ヴィジュアルにおいても音においてもオリジナルかつ幅広いジャンルで使用できることから瞬く間にシェアをのばしていきました。近年ではダウンチューニングが一般化しロングスケールよりさらに長い666mmのスーパーロングスケールやベースの音域まで出せるバリトンスケールまで登場しています。

 

 

 

構造や使われるパーツが違ってくるので一概には言えませんが全く同じ構造であればスケールが長くなるほどピッチは安定し、音の立ち上がりは早くトーンは明るくなっていく印象です。ミディアムスケールになると音の立ち上がりが少し遅い分ダークで太い音になりフィンガリングは楽になっていきます。ピックアップや使われる木材も重要ですがネックスケールによる違いに着目してみるのも面白いかもしれません。スケールはエレキギターに限らずサウンド・演奏性に多大なる影響を与え今も進化しているのでしょう。

 

X JAPAN(エックス・ジャパン)のギタリストで紐解く HIDE(ヒデ)と SUGIZO(スギゾー)

728x90-min

日本の90年代はまさにミュージックバブル。ピークと言われた1998年の CD アルバム年間販売数は3億291万3000枚で、全国民が年に2枚以上のアルバム CD を買っていた計算になります。この数にシングル CD は含まれていないわけですからすごい時代だったことがわかります。そんな90年代にヴィジュアル系の先駆者として多くのフォロワーを生み出したバンドが X JAPAN(エックス・ジャパン)です。奇抜なヴィジュアルでありながらメタルをルーツとするハードなロックサウンドとクラシカルで切ないメロディーのバラード、X JAPAN(エックス・ジャパン)は静と動の両方の顔を持ち合わせたバンドとして人気を得ました。結成から30年以上迎える X JAPAN(エックス・ジャパン)には数多くのギタリストが在籍しましたがその中でも上手(かみて)ギタリストとして欠かせない2人のギタリストが HIDE(ヒデ)と SUGIZO(スギゾー)です。

 

 

幼馴染であったドラムの YOSHIKI(ヨシキ)とボーカルの TOSHI(トシ)は、幼い頃から一緒に演奏する間柄でありそんな2人が高校時代に組んだバンドが X JAPAN(エックス・ジャパン)-当初は X(エックス)でしたが世界進出を目指した1992年に X JAPAN(エックス・ジャパン)と改名-でした。高校卒業後に上京しインディーズバンドとして活動をしていた X JAPAN(エックス・ジャパン)はYOSHIKI(ヨシキ)、TOSHI(トシ)、HIDE(ヒデ)、PATA(パタ)、TAIJI(タイジ)、というメンバーで1989年に CBS ソニーからアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビュー。

ヴィジュアルのインパクトはもちろん、ライブの激しさ、当時としては斬新だったプロモーション活動は常に話題となり、デビューの翌年には武道館公演、東京ドーム公演、紅白出場。1992年には日本人アーティスト初となる東京ドーム 3 DAYS を成功させるなど、その勢いはすさまじいものでした。後輩バンドも続々と登場しその中には LUNA SEA(ルナシー)や GLAY(グレイ)といったモンスターバンドも現れました。X JAPAN(エックス・ジャパン)として発売されたオリジナルアルバムはわずか3枚ですが解散する1997年まで上手ギタリストとしてプレイし約20年経った今でも絶大なる人気を誇っているのが HIDE(ヒデ)です。

 

 

解散から10年経った2007年、突如として X JAPAN(エックス・ジャパン)の復活が発表されました。それも、よくあるコンサートでの復活ではなくアクアシティお台場の屋上にステージを作り新曲のミュージックビデオを撮影、さらにその曲がハリウッド映画『SAW4』のメインテーマソングとして世界公開されるという X JAPAN(エックス・ジャパン)らしい話題性を持った復活でした。翌年春には東京ドーム 3 DAYS も決行されその時に亡き HIDE(ヒデ)と共にステージに立ち、後に正式加入する事になるギタリストが SUGIZO(スギゾー)でした。SUGIZO(スギゾー)の加入により更に勢いをました X JAPAN(エックス・ジャパン)はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどを含む世界ツアーや世界各国のフェスへの出演で遂に本格的な世界進出。2010年には米マディソンスクエアガーデン、2017年には英ウェンブリーアリーナでの単独公演を成功させます。

 

 

90年代当時、YOSHIKI(ヨシキ)が主宰していたレーベル・レコード会社『エクスタシーレコード』 からは多くのバンドがデビューしましたがその中の一つが LUNA SEA(ルナシー)でした。LUNA SEA(ルナシー)は X JAPAN(エックス・ジャパン)同様ツインギターのバンドであり HIDE(ヒデ)と同じ上手に立つギタリストが SUGIZO(スギゾー)でした。 X JAPAN(エックス・ジャパン)がヴィジュアル系という言葉を作ったとすれば、LUNA […]