ネックスケールが違うことよるエレキギターへの影響

728x90-min

スケールと聞いてメジャーやマイナーといった音階のスケールを最初に浮かべる方が多いかもしれませんが、今回はネックスケール、つまりネックの長さによってエレキギターにはどのような影響がおこるのかに焦点を当ててみようと思います。ネックスケールとはナット~ブリッジまでの長さであり数ミリ~数センチの違いですがネック7割りボディ3割り(パーツによる差は別にして)と言う人がいるほどネックが出音に及ぼす影響は大きいものがあります。

 

 

長さは約648mm。ストラトキャスターやテレキャスターなどのFender系ギター、ボルトオン構造のギターに多く採用されているスケールです。適度なテンション感があり音の立ち上がりが早い、ピッチも安定しやすくテンションコードなどを弾いても音の分離がいいと言われています。

 

 

 

長さは約628mm。レスポールやSGといったGibson系ギター、セットネック構造のギターに多く採用されているスケールです。ロングスケールより少し短くその分暖かみのあるサウンドが特徴。ロングスケール同様エレキギターにおいて代表的なスケールになります

 

 

長さは約609mm。Fenderムスタングやキッズ向けギターに多く採用されているスケールです。このスケールになるとフレットの感覚が極端に狭く感じネックを握った感覚も上記2つのスケールとは違うものがあります。音も独特ですが日本を代表するギタリストchar氏はムスタングがあったから名曲smokyは生まれたと仰っています。

 

 

 

音楽の多様性に伴いギターは進化してきましたがFender、Gibsonについでメジャーになったブランドの一つにPRS(ポールリードスミス)があります。そのPRSが独自に採用したのが約635mmのスケールでした。基本構造的はレスポールですがロングスケールの良さを組み合わせたネックを採用。ヴィジュアルにおいても音においてもオリジナルかつ幅広いジャンルで使用できることから瞬く間にシェアをのばしていきました。近年ではダウンチューニングが一般化しロングスケールよりさらに長い666mmのスーパーロングスケールやベースの音域まで出せるバリトンスケールまで登場しています。

 

 

 

構造や使われるパーツが違ってくるので一概には言えませんが全く同じ構造であればスケールが長くなるほどピッチは安定し、音の立ち上がりは早くトーンは明るくなっていく印象です。ミディアムスケールになると音の立ち上がりが少し遅い分ダークで太い音になりフィンガリングは楽になっていきます。ピックアップや使われる木材も重要ですがネックスケールによる違いに着目してみるのも面白いかもしれません。スケールはエレキギターに限らずサウンド・演奏性に多大なる影響を与え今も進化しているのでしょう。

 

Vemuram-海外のトップミュージシャンが認めるサウンド-

728x90-min

日本人により2008年に立ち上げられたエフェクターブランドVemuramu(ベムラム)。エレキギター用エフェクターをメインに製作しており、高品質&高音質ということでトッププロから絶大なる信頼を得ているメーカーです。スタジオ系ミュージシャンの使用により広まった為、いわゆる玄人向けと言われていますがここ数年で、多くの楽器店や雑誌で目にすることが増えたので一般プレイヤーへの認知度も高くなってきているのではないでしょうか。

 

 

Vemuramu(ベムラム)からは様々なモデルのエフェクターが発売されていますが代表機種と言えるのがJan Ray(ジャンレイ)です。艶やかでハリがありタッチに繊細に反応するエフェクターでアルペジオから極上のクランチサウンドまでこれ1台で表現することが可能。プリアンプ変わりに常時ONで使用するプレーヤーもいます。オーヴァードライブというカテゴリーに入るエフェクターですがTS9(チューブスクリーマー)やケンタウルス系のソロで活躍するペダルとはまた違う良さを持っています。

 

 

立ち上げからわずか10年で世界20ヶ国以上にエフェクターを出荷しているVemuramu(ベムラム)。その躍進の1つとして最初の開発段階からニューヨークのミュージシャンが数多く関わって製品化されてきたという背景があると思います。日本にとどまらずニューヨークという地で現場のプロからの意見を取り入れ開発されたことで高品質なペダルが完成し、2010年にはニューヨークの楽器店に並ぶようになりました。現在までにマイケルランドゥー、マットスコフィールド、ジョンシャンクス、オズノイなど世界的なミュージシャンとのコラボレーションペダルも多数販売されています。

 

 

一目見るだけでVemuramu(ベムラム)のエフェクターとわかるブラス製の筐体はサウンド面で有利と言われています。基盤への半田付けもハンドメイドで行われておりオリジナルのコンデンサーやスイッチも使用されています。

 

 

今回ご紹介したJan Ray(ジャンレイ)の他にもマーシャルサウンドを目指したペダルやブースターが沢山製作されているので見かけたときは是非そのサウンドをチェックしてみてください。

 

BOSS (ボス) / DS-1X

728x90-min

コントロール:レベル、ロー、ハイ、ディストーション
入出力端子:インプット、アウトプット
電源:DC9V アダプターまたは 9V 電池
外形寸法:幅 59mm ×奥行 129mm ×高さ 59mm
重量:450g

 

BOSS (ボス) / DS-1Xは従来のディストーションとは一線を画す存在と言える。何故かというと従来のコンデンサーなどを使ったアナログ回路ではなく、DSPチップとBOSS独自の技術であるMDP回路による最先端のディストーションサウンドだからである。圧倒的な低ノイズとレスポンス、奥行きがある中で太さと分離感が両立されたサウンドは正にデジタル回路による最大の恩恵といえ何者でもないDS-1Xのサウンドである。あえて比べるなら廃盤になってしまったDA-2が浮かぶ。コントロール性も高く全てのツマミを12時の位置に設定しそこから好みの音に近ずけていけるバランス性の高さ。HIGH,LOWと独立したEQは極端に変化するというより音圧や空気感が付加される印象で様々なアンプやギターとのマッチング性の高さが期待できる。