LES PAUL

GIBSON (ギブソン) / LES PAUL CUSTOM BLUE WIDOW (レス・ポール・カスタム・ブルー・ウィドウ)

728x90-min

ボディ:3A キルト・メイプル (トップ)、マホガニー (バック)
ネック:マホガニー
指板:リッチライト
フレット数:22フレット
スケール:628mm
ピックアップ:490R (フロント)、498T (リア)
コントロール:ボリューム×2、トーン×2、3ウェイ・トグル・スイッチ
ブリッジ:チューン・オー・マティック& ABR-1
ペグ:グローバー・キーストーン
付属品:ハードケース、認定書
カラー:ブルー・ウィドウ

 

日本のディーラーがアメリカ・ナッシュビルの GIBSON CUSTOM (ギブソン・カスタム) の工場まで赴き、直接ボディ・トップ材を選定する”ハンド・セレクト”。このシステムでオーダーされたビンテージ・リイシューはよく知られているが、ハンド・セレクトによる全く新しい仕様のレス・ポール・カスタムがこの GIBSON (ギブソン) LES PAUL CUSTOM BLUE WIDOW (レス・ポール・カスタム・ブルー・ウィドウ)だ。このギターは名前の通り、ヘッドからボディまで全て青色のフィニッシュがされていて強烈なインパクトを放っている。厳選された 3A キルト・メイプルがトップ材に使用されている。ちなみに 3A というのはキルト・メイプルのランクで、5Aが最高ランク。パーツ類も青と相性の良いゴールド・パーツ、ヘッドのインレイはスプリット・ダイヤモンド・インレイという仕様で全体的にインパクトがある。サウンドはビンテージ系というよりは現代的でパワフルな印象。極上のボディ材に加えて、リッチライト指板、490R (フロント)、498T (リア)のピックアップの組み合わせが、音を深く歪ませてもボヤけず輪郭のはっきりとしたサウンドが得られる。弾き心地に関しては、太すぎず細すぎず、絶妙なネック、丸みを帯びた指板エッジが手に馴染み、レガート系のプレイを得意とするギタリストに好まれそうだ。ハンドセレクトは常にベストなボディ材が安定的に手に入るとは限らない。気になる人は売り切れてしまう前に手に入れる方が良いだろう。

 

 

EPIPHONE (エピフォン) / JOE BONAMASSA LES PAUL STANDARD (ジョー・ボナマッサ・レス・ポール・スタンダード)

728x90-min

ボディ:メイプル(トップ)、マホガニー(バック)
ネック:マホガニー
スケール:24.75
フレット数:22フレット
ピックアップ:USA 製バーストバッカー2(フロント)、バーストバッカー3(リア)
コントロール:ボリューム×2、トーン×2、3ウェイ・トグル・スイッチ

 

EPIPHONE(エピフォン)から、 JOE BONAMASSA(ジョー・ボナマッサ)のシグネチャー・モデル、 JOE BONAMASSA LES PAUL STANDARD W / BIGSBY OUTFIT(ジョー・ボナマッサ・レス・ポール・スタンダード・ウィズ・ビグスビー・アウトフィット)が発売された。インヴァネス・グリーンに塗装されたレス・ポールに、ビグスビー B70 ビブラート・テイルピースを搭載している。ボディ、ネック、指板などはオーソドックスな材を使用しているが、ネックのジョイントはディープ・セットネック仕様となっており、ネックのグリップはジョー・ボナマッサが好む 59 年製レス・ポールをもとにしている。