MXR

MXR / M300 REVERB (M300 リバーブ)

728x90-min

コントロール:ディケイ、トーン、(プレート / スプリング、エピック / モジュレート、ルーム / パッド)、ブレンド
入出力端子:インプット、アウトプット
電源:DC9V アダプター
外形寸法:幅 60mm ×奥行 110mm ×高さ 55mm
重量:250g

 

MXR が2016年1月の NAMM で発表したリバーブ、M300 REVERB。デジタル・リバーブということもあり、バイパス方式の変更やウェット音出力などの設定が容易。TONE ツマミを押しながら電源を入れることで、ドライ・モードとウェット・モードを切り替える事ができる。コンパクトな筐体に様々な機能を持たせる為の良いアイデアと言えるだろう。端子は TRS 端子を採用しているので、ステレオの入出力に対応、エクスプレッション・ペダルも使用可能で、DUNLOP (ダンロップ) DVP4 VOLUME X MINI PEDAL などで2種類のノブ・セッティングを切替 / ブレンド可能。リバーブのモードは6つあり、どれも高品位なリバーブ音を得る事ができる。これだけの機能が付いていてもツマミは3つなので非常に簡単に操作ができる。「難しいエフェクターはちょっと…」と敬遠してしまう方にもオススメできるリバーブだ。6つの中で特に面白いモードはエピック。複雑なモジュレーションにリバーブがかかって面白い音色を得る事ができる。また、パッド・モードはモジュレーションにオクターブの上下が足されて、とても幻想的なリバーブ音が得られる。このオクターブのブレンド量も調整出来るので、より細かいリバーブ音の設定が可能となっている。ぜひ試して欲しいリバーブ・エフェクターだ。

 

 

MXR / M151R DOUBLE SHOT DISTORTION (ダブル・ショット・ディストーション)

728x90-min

コントロール:アウトプット・ボリューム×2、ベース×2、ミッド×2、トレブル×2、ゲイン×2、フォーカス×2
入出力端子:インプット、アウトプット
電源:付属アダプター
外形寸法:幅 128mm × 奥行 93mm × 高さ 55mm
重量:約750g

 

かつて発売されていたディストーション・コンパクト・エフェクターの名機、MXR 151。その復刻版が MXR 151R として登場。なんと、日本国内のみの限定復刻で台数も500台のみと超希少。黒の重厚な見た目の MXR M151R DOUBLE SHOT DISTORTION (ダブル・ショット・ディストーション) は、独立した2チャンネル仕様で、上下でキャラクターの異なる歪みが1台に収まっている。下段は比較的ノーマルな歪みでチューブのようなマーシャル系サウンドを得ることができる。ゲインのレンジも広く、比較的オールマイティに使える上質なディストーションだ。上段は中音域に特徴がある個性的な歪みだ。上段、下段のツマミの横にはそれぞれ FOCUS と書かれたスイッチがある。下段用のフォーカス・スイッチは低音域を強調する効果、上段用のフォーカス・スイッチは中音域にヘコみを作るような効果を得ることができる。